日系人のビザ(日系1世~4世)

日系人とは

日系人とは、日本人が海外に移住し、その国の国籍を取得した人や子孫のことです。日本国籍から外国国籍に変更した人を日系1世、その子が2世、2世の子が3世、3世の子が4世です。

日系人の在留資格は日系何世かによって異なります。

日系1世の在留資格

日系1世とは、日本人の子として出生した人のことです。第二次世界大戦後にブラジルなどに移住した方々の他、外国人と結婚してその国の国籍へ変更した元日本人も含みます。在留資格は「日本人の配偶者等」です。申請のための必要書類などは「日本人の配偶者等」のページをご参照ください。

日系2世の在留資格

日系2世の方は、親(=日系1世)が日本国籍を有するか、日本国籍を離脱する前に出生したならば、在留資格は「日本人の配偶者等」です。親が日本国籍を離脱した後に出生したならば、在留資格は「定住者」(告示2号)です。就労制限がないので、通常の就労ビザでは認められにくい工場や建設現場などでも働くことができます。

日系3世の在留資格

日系3世の方は、在留資格は「定住者」(告示3号)です。日系2世同様、就労制限がないので、工場や建設現場などでも働くことができます。

日系4世の在留資格

日系4世の在留資格は、「定住者」の在留資格で在留する親(=日系3世)の扶養を受けて生活する未成年者未婚の実子は「定住者」(告示6号ハ)、または、通常は独立して来日・在留する「特定活動」(告示43号)です。詳しくはリンク先のページをご覧ください。

まとめると・・

日系2世・3世の「定住者」の申請必要書類

日本で発行される証明書は3ヶ月以内に発行されたものを提出してください。

在留資格認定証明書交付申請

1. 在留資格認定証明書交付申請書
2. 写真 4cm×3cm
 申請前3ヶ月以内に撮影したもの
 正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの
 裏面に氏名を記入し、申請書に貼付
3. 返信用封筒
 定型封筒に宛先を記入
 簡易書留分の切手を貼付
4. 日本人祖先とのつながりを示すもの
 ・1世の日本人の戸籍謄本又は除籍謄本(全部事項証明書)
 ・婚姻届出受理証明書(1世や2世のもの)
 ・出生届出受理証明書(申請人のもの)
 ・死亡届出受理証明書(1世や2世のもの)
5. (日本在住者と同居予定の場合)同居者の世帯全員の記載のある住民票
6. (適宜)日本での生活費を負担する方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書 直近1年分
7. (適宜)預貯金残高証明書
8. (適宜)内定通知書または雇用契約書
9. 身元保証書(日本に居住数日本人または永住者が記入)
10. 申請人の犯罪経歴証明書
11. (適宜)認知に係る証明書
12. (適宜)日系1世・2世のパスポート、死亡証明書、運転免許証等
13. (在留期間5年を希望する場合)日本語能力を証明する書類
 ・法務大臣告示の日本語教育機関で6ヶ月以上の日本語教育を受けた証明書
 ・日本語能力試験N2合格証
 ・BJTビジネス日本語能力テスト400点以上の証明書
 ・幼稚園を除く学校教育法の学校で1年以上の教育を受けた証明書
14. 申請人の身分証明書
15. 申請する人の身分証明書(提示のみ)

在留資格変更許可申請

1. 在留資格変更許可申請書
2. 写真 4cm×3cm
 申請前3ヶ月以内に撮影したもの
 正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの
 裏面に氏名を記入し、申請書に貼付
3. パスポート・在留カード(提示のみ)
4. 日本人祖先とのつながりを示すもの
 ・1世の日本人の戸籍謄本又は除籍謄本(全部事項証明書)
 ・婚姻届出受理証明書(1世や2世のもの)
 ・出生届出受理証明書(申請人のもの)
 ・死亡届出受理証明書(1世や2世のもの)
5. (日本在住者と同居予定の場合)同居者の世帯全員の記載のある住民票
6. (適宜)日本での生活費を負担する方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書 直近1年分
7. (適宜)預貯金残高証明書
8. (適宜)内定通知書または雇用契約書
9. 身元保証書(日本に居住数日本人または永住者が記入)
10. 申請人の犯罪経歴証明書
11. (適宜)認知に係る証明書
12. (適宜)日系1世・2世のパスポート、死亡証明書、運転免許証等
13. (在留期間5年を希望する場合)日本語能力を証明する書類
 ・法務大臣告示の日本語教育機関で6ヶ月以上の日本語教育を受けた証明書
 ・日本語能力試験N2合格証
 ・BJTビジネス日本語能力テスト400点以上の証明書
 ・幼稚園を除く学校教育法の学校で1年以上の教育を受けた証明書

# 許可時に、収入印紙4,000円が必要です。

在留期間更新許可申請

1. 在留期間更新許可申請書
2. 写真 4cm×3cm
 申請前3ヶ月以内に撮影したもの
 正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの
 裏面に氏名を記入し、申請書に貼付
3. パスポート・在留カード(提示のみ)
4. 日本人祖先とのつながりを示すもの
 ・1世の日本人の戸籍謄本又は除籍謄本(全部事項証明書)
 ・婚姻届出受理証明書(1世や2世のもの)
 ・出生届出受理証明書(申請人のもの)
 ・死亡届出受理証明書(1世や2世のもの)
5. 世帯全員の記載のある住民票
6. 日本での生活費を負担する方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書 直近1年分
7. (会社勤め)在職証明書
8. (自営業)確定申告書の控えの写し・(あれば)営業許可書の写し
9. 身元保証書(日本に居住数日本人または永住者が記入)
10. 申請人の犯罪経歴証明書(過去に提出したことがあれば省略可)
11. (適宜)認知に係る証明書
12. (適宜)日系1世・2世のパスポート、死亡証明書、運転免許証等
13. (在留期間5年を希望する場合)日本語能力を証明する書類
 ・法務大臣告示の日本語教育機関で6ヶ月以上の日本語教育を受けた証明書
 ・日本語能力試験N2合格証
 ・BJTビジネス日本語能力テスト400点以上の証明書
 ・幼稚園を除く学校教育法の学校で1年以上の教育を受けた証明書

# 2回目以降の更新許可申請のときは上の4・11・12の書類は不要です。
# 許可時に、収入印紙4,000円が必要です。

045-663-1050
お気軽にお問い合わせください
電話受付:平日9:00~18:00