永住とは

国籍を変えずに在留期間の制限なくある国に住み続けることができる権利を永住権と言います。日本では、在留資格「永住者」を取得することを言います。

これに対して、日本国籍へ変更してしまうことを帰化と言います。
永住と帰化の違いはこちらをご覧ください。
永住と帰化の比較

永住を取得すると在留期間がなくなります。今までのように在留期限を気にする必要がなく、ビザ更新のために入管で半日を費やす必要もなくなります。今まで在留資格通りの活動だけしかできませんでしたが、永住を取得すれば仕事内容が自由になりますし、会社をおこすことも自由にできます。永住の条件は厳しいため、取得すると人からの信用が増します。顕著な例として、住宅ローンが以前より組みやすくなります。

取得の条件は厳しいため、いつでも取得できるというわけではありません。条件がそろっている・条件がそろいそうなうちに申請することをおすすめいたします。

 

在留資格「永住者」の取得要件

法律上の要件は次の3つです。

1. 素行が善良であること

2. 独立の生計を営むに足りる資産または技能を有していること

3. その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

これらの具体的な内容についてはこちらをご覧ください。
永住取得の要件

他のビザと違い、永住は取得のためには準備しないといけないことがいくつもあり、しかも何か問題があるとその時から準備しなおして数年後にやっと申請ができるようになります。準備する内容は人によって様々です(サラリーマンや経営者、在留資格別、日本滞在歴、過去の行動・・)。

当事務所へ永住のことで相談に来られるお客様も自分では気づかない問題があり、数年間待たないといけなくなる方がほとんどです。

できる限り早くビザに強い行政書士に相談し、永住申請できるようになる何年も前から準備することをおすすめいたします。 依頼すると費用はかかりますが本人申請するよりも時間と労力は大幅に節約できるでしょう。また、精神的にも楽で、普段の生活に集中していただけると思います。

 

 

 

045-663-1050
お気軽にお問い合わせください
受付時間:平日10:00~19:00