在留資格「医療」とは

在留資格「医療」(医療ビザ)とは、外国人の医師、歯科医師、看護師などが医療に係る業務に従事する活動をするときの在留資格です。

在留資格該当する例

  • 医師、歯科医師
  • 薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、歯科衛生士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学技士、義肢装具士

ただし、准看護士は在留の上限は4年です。4年を超えて医療関係で在留したい場合には、正看護師資格を取得して在留資格「医療」を更新するか、在留資格「特定技能1号(介護)」などの方法があります。

該当しない例

歯科技工士、臨床検査技師、救急救命士、言語聴覚士、管理栄養士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、ホームヘルパー、介護支援専門員

注意点

  • 海外の医療資格だけ有している場合。在留資格「医療」を取得するためには日本の医療資格が必要です。また、各医療資格には外国人のみ追加条件があるものもあります。
  • 医療関係であっても法人などの経営をする場合は在留資格「医療」ではなく、在留資格「経営・管理」が該当します。

在留期間

5年、3年、1年、3ヵ月

必要書類

日本で発行される証明書は3ヶ月以内に発行されたものを提出してください。

在留資格認定証明書交付申請

1. 在留資格認定証明書交付申請書
2. 写真 4cm×3cm
 申請前3ヶ月以内に撮影したもの
 正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの
 裏面に氏名を記入し、申請書に貼付
3. 返信用封筒
 定型封筒に宛先を記入
 簡易書留分の切手を貼付したもの
4. 日本の医療資格を証明する書類(免状又は証明書等の写し)
5. (医師・歯科医師以外の場合)勤務する医療機関の概要 例. 案内冊子
 医療機関の設立許可を受けた年月日が明示されたもの
6. 身分を証する書類(提示のみ)
 例. 雇用者が代理申請する場合は会社の身分証明書

在留資格変更許可申請

1. 在留資格変更許可申請書
2. 写真 4cm×3cm
 申請前3ヶ月以内に撮影したもの
 正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの
 裏面に氏名を記入し、申請書に貼付
3. パスポート・在留カード(提示のみ)
4. 日本の医療資格を証明する書類(免状又は証明書等の写し)
5. (医師・歯科医師以外の場合)勤務する医療機関の概要 例. 案内冊子
 医療機関の設立許可を受けた年月日が明示されたもの

# 許可時に、収入印紙4,000円が必要です。

在留期間更新許可申請

1. 在留期間更新許可申請書
2. 写真 4cm×3cm
 申請前3ヶ月以内に撮影したもの
 正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの
 裏面に氏名を記入し、申請書に貼付
3. パスポート・在留カード(提示のみ)
4. 住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書
5. (医師・歯科医師以外の場合)職務の内容・報酬が記載された在職証明書

# 転職後初めての更新許可申請のときは変更許可申請の4~5の書類も必要です。
# 許可時に、収入印紙4,000円が必要です。

必要に応じてすべき届出

045-663-1050
お気軽にお問い合わせください
受付時間:平日10:00~19:00