外国人配偶者が短期滞在で来日し結婚ビザへ変更

結婚ビザの申請手順ページで紹介しました通り、外国人配偶者が日本に居住していない場合は、日本人配偶者などが日本で在留資格認定証明書交付申請をし、それを外国人配偶者へ送り、現地日本大使館でビザを発給してもらって来日します。これが正式な手順です。
参考:海外の外国人を呼び寄せる手順(日本で居住する場合)

ところが、短期滞在で来日し、結婚手続きをして(または事前に結婚手続きを終わらせて来日し)、そのまま日本で結婚生活を送りたいというご依頼がしばしばあります。

短期滞在とは、観光や知人・親族訪問や短期商用のために来日するもので、在留期間は15日、30日、90日のいずれかです。大抵の場合は90日をもらえます。

 

2人で早く一緒に生活したいという熱いお気持ちはわかりますが、入管はそのような変更は原則許可していません。例外はどういうときかというと、例えば、妊娠していて本国へ帰国できない、病気でそのまま日本で治療しないといけないなど、人道上の理由の場合です。

しかしながら、この他にも許可されるケースがございます。ご自分が当てはまるかどうかは当事務所へご相談ください。また、入国前からいくつかの準備が必要ですので、できる限り早めにご相談ください。

 

 

お気軽にお問い合わせください。045-663-1050営業時間:平日10:00~19:00

お問い合わせ