配偶者ビザとは


日本人や永住者・特別永住者と結婚した外国人が日本に居住するための在留資格の通称が「配偶者ビザ」「結婚ビザ」です。外国に居住する外国人が日本人と結婚し日本へ引っ越してくる場合(在留資格認定申請)と、既に日本で居住している外国人が日本人等と結婚する場合(在留資格変更申請)です。

一般的に言われる「配偶者ビザ」「結婚ビザ」は正式には次の2つの在留資格のことを言います。

1.「日本人の配偶者等」:日本人と外国人が結婚した場合、及び、その夫婦間の子(特別養子は含むが普通養子は含まない)

2.「永住者の配偶者等」:永住者や特別永住者と外国人が結婚した場合、及び、その夫婦間の子

日本人と結婚したからといって必ず配偶者ビザが取れるというわけではありません。 真実の結婚であっても、収入不足、過去の在留状況、添付書類や説明の不足や間違いで、不許可となってから当事務所へ依頼される方が多くいらっしゃいます。出入国在留管理庁(入管)HPに記載がある提出書類はあくまで受理されるための最低限のもので、許可を得るためにはそれだけでは足りないことが多いです。一度不許可になると再申請での許可率は落ちる傾向にあります。そのため、最初からプロである行政書士へ依頼し、提出書類の精度を上げて許可率を上げることをおすすめいたします。

ビザ取得への基本的な手順


申請手続きやその後の手順は外国人ご本人が既に日本に居住している場合と海外に居住している場合によって異なります。詳しくは配偶者ビザの申請手順をご参照ください。

045-663-1050
お気軽にお問い合わせください
受付時間:平日10:00~19:00