永住と帰化の比較

永住 帰化
国籍 母国 日本(母国国籍を喪失
パスポート 母国 日本(ビザ免除が多い
仕事制限 なし なし
在留資格更新 不要(在留カードはある) なし
在留資格喪失 可能性は低いが、ゼロではない なし
銀行融資・ローン 他の在留資格よりは受けやすい 受けやすい
公務員 一部、なることができない なることができる
選挙権 なし あり
被選挙権 なし あり
母国での活動 制限なし 外国人として制限あり

 

当事務所のお客様がよくおっしゃることは次のとおりです。

<永住のメリット・デメリット>
・国籍が変わらないので親兄弟が悲しまない。
・日本での活動がしやすい。(仕事制限、ローン)
・日本の家族との海外旅行の際に、自分だけ引き離されるタイミングが精神的につらい。
・母国をその国の人として自由に動ける、ビジネスできる。
・失業や離婚によって在留資格がなくなることがない。在留資格が他人や会社頼みではない。
・外国人のままなので、在留資格喪失や国外退去などの可能性がゼロとはならない。

<帰化のメリット・デメリット>
・母国の国籍を捨てないといけないので親兄弟が悲しむ。
・日本人の家族(配偶者、子供、義理の両親)が喜ぶ。
・日本での活動に制限がなく、かつ、信用されやすい。
・配偶者や子供が日本国籍の場合、出入国のときに同じレーンを通ることができる。
・外国へ行くときにビザ免除が多い。
・母国での活動に制限がかかる可能性がある。(例. ビジネス、相続、銀行口座)
・日本から国外退去させられることがない。
・母国の国籍に戻るには手続きが必要となる。

お客様によって重要と思うポイントが全く違います。
いずれにしても、ご家族とも話し合って永住と帰化のどちらを選択するか慎重にご検討ください。